トップページ > ごあいさつ

ごあいさつ

理事長高原 和香子

自然環境(緑、水、大気)の破壊が進んでいる現代、環境悪化の阻止と回復に向けて、さまざまな環境改善活動が行われています。特に都市部においては、生活者の環境改善の願望は大きく、豊かで潤いのある自然環境を創出するためには、地域社会の人々の自発的な取り組みが重要だと考えます。

生活者が自らの健康、安心、安全のために小さな努力を協力して重ねていく活動を各地域に浸透させ、拡大していくことにより、環境改善を大きなうねりとして定着させていけば、人々の意識が調和のとれた良い方向へ向かうのではないでしょうか。また、地域の活動は、次世代を担う子どもたちや、若い世代を巻き込んで活動していくことで、環境・情操教育にも効果が期待できるはずです。

当財団の助成により、各地域の環境改善活動への理解と実践拡大に貢献したいと考えておりますので、ご指導、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

当財団を設立いたしましたのは、ユニ・チャーム株式会社の創業者高原慶一朗です。(2018年10月3日逝去)

ユニ・チャームは紙おむつや生理用品を主力商品とする日用品メーカーで、「生活者の不快を取り除き快適に変える」商品を数多く世に送り出しています。しかしながら、主要な原材料はパルプや石油製品である高分子吸収体を使用した商品であるため、より環境に優しい商品作りに傾注してまいりました。

このような背景もあり、高原慶一朗は個人としても環境問題に寄与できないか、との思いから、建物の緑化によるヒートアイランド対策や未来を担う子供たちへの環境教育への支援などを行う財団を設立するに至りました。

copyright